ソフトバンク、2年連続の日本一

日本シリーズを制し、ソフトバンクが前身の南海とダイエーをあわせて、球団史上初の2年連続の日本一を成し遂げました。
神宮球場で行われた、日本シリーズの第5戦。
見事、ヤクルトに勝利し、通算4勝1敗と圧倒しました。
4番の内川をけがで欠くピンチにも関わらず、ソフトバンクナインは結束し、貯金41でパ・リーグを制した勢いのまま、日本一へ上り詰めました。
秋山幸二前監督からチームを引き継ぎ、就任1年目となる工藤公康監督は新人監督とは思えない卓越した手腕を発揮しました。
選手層の厚さはもちろんのこと、ナインのモチベーションを高めて一体感のあるチームを作り上げました。
異なる監督が率いての連続日本一は、史上初の快挙となりました。

洗濯物自動折り畳み機、開発へ

seven dreamers laboratoriesとパナソニック、大和ハウス工業は2015年10月7日、”全自動洗濯物折り畳み機”「laundroid」(ランドロイド)の開発を発表。CEATEC JAPAN 2015にて披露した。2016年度中の先行予約開始、2017年内の出荷を目指すとのこと。
landroidは投入された洗濯機の種別を画像認識によって判別、ロボットアームによって折り畳み、種類別に分別することができる洗濯物折り畳み機だ。「シャツだけを畳む」「タオルだけを畳む」といった単一種類の衣類を折り畳む装置はすでに実用化されているが、1つの装置で様々な種類の洗濯物を自動的に折り畳める装置は「世界初」であるという。
2017年には折り畳み専用機を出荷、2018年には介護福祉施設や病院向けに折り畳みと衣類の分別機能を持った製品を出荷。2019年には洗濯乾燥機に折り畳み機能を組み合わせたオールインワンタイプを出荷、2020年にはスマートハウス向けのビルドインタイプを出荷する予定だ。2017年に出荷される折り畳み専用機は一般家庭向けと位置付けられており、「高級家電として認識される価格帯」での販売が予想されているという。
協業するパナソニックは折り畳み専用機ならびにオールインワンタイプの製品化に協力し、大和ハウス工業は介護福祉施設ならび病院向けの製品化と、スマートハウスに向けた製品について協力するとのこと。
洗濯物の種類を判別する画像認識技術と、洗濯物を持ち上げ、畳む機能を持つロボットアームついてはデモンストレーションでも映像の一部にモザイクが施され詳細は明らかになっていなかったそうだが、seven dreamers laboratories 代表取締役社長の阪根信一氏は「富士山には登れた。選択の完全自動かというエベレストを目指してオンタイムで進行していきたい」と技術的な課題はほぼ克服している様子をうかがわせた。
2017年に発売されるものはまだまだ価格の高いものとなりそうだが、今後個人でも購入しやすい価格になったり軽量化されることで普及することも期待される。忙しい現代人にはうれしい新商品なのではないだろうか。