「イソジン」カバから犬に変更

米系製薬会社のムンディファーマは6日、うがい薬「イソジン」の犬の新しいキャラクターを発表しました。
9月以降、現行のカバ風のイラストから順次変更するそうです。
新キャラクターは、ばい菌やウイルスから日本の家庭を守る番犬をイメージした犬の家族です。
うがい薬のほか、手指や傷口の消毒薬なども発売しており、今後はこちらのPRにも努めたい考えとのことです。 
長年「イソジン」と言えば、カバの家族のイメージだったので、少し寂しい気持ちにもなりますね。
これからは、犬の家族が強く根付いてくれることを願います。